工場紹介


1.名古屋ライトハウス港ワークキャンパスの玄関

パンの缶詰・金属加工場・レトルト加工をしています。


2.「パンの缶詰」の下準備

鉄板にパンを入れるマフィンカップを並べています。


3.パン生地

スパイラルミキサーでパン生地を捏ねています。
これでマフィンカップパン570個分です


4.味は3種類

味は3種類 (チョコチップ ・ レーズン ・ コーヒーナッツ味 )
今日はレーズン味の日です。


5.第一次発酵

第一次発酵させパン生地を一定の分量計測しています。
ここからが時間との追いかけっこです!


6.切り分け

分割機でパン生地を一個分に切り分けます。


7.二次発酵前

二次発酵前にばんじゅうというケースへ移します。


8.マフィンカップへ

パン生地をきれいに手で丸めマフィンカップへ。
簡単そうに見えますが、きれいな丸は経験が入ります。
二次発酵へGOー!


9.オーブン

二次発酵が終わるとオーブンでパン生地をこんがり焼きます。
毎回テスト用パンも一緒に焼いています。


10.缶にふたをします

焼きあがったパンを缶に詰め製缶機で蓋をします。


11.1缶に2個、入っています

1缶に2個のマフィンカップを入れます。


12.ラベル

出来上がったパンの缶詰にラベルを巻いています。

★オリジナルの 「パンですよ!」 が作れます。
今までのオリジナルラベル作品はこちらをご覧下さい。


13.出来あがり!

最後に缶の底に味の種類・賞味期限を印字して缶入りパンの出来あがりです。


arrow